FC2ブログ
鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
朝霧の立ち込める中、走り去る列車もとても印象的だった。
列車が霧の中に消えると広い構内には人の姿も見えなくなり静寂の世界に自分だけ存在している錯覚に陥った。


F5 80-200/2.8D RDP3 只見線 西若松駅
スポンサーサイト



この記事のコメント
コメントお待ちしております
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


Powered By FC2 allrights reserved.