鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME > Blog_Top > > 江ノ電 第2章 その20
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
HOME > Blog_Top > > 江ノ電 第2章 その20
イルミネーションで華やぐホーム。
車掌は、何時もと変わらずホームの安全確認を行う。
時代は変わっても鉄道の安全は人が守る。
鉄道員魂とでもいうのだろう。
江ノ電 第2章

NikonD200 80-200/2.8D f2.8 1/60 ISO400
近年、鉄道に対する要求が非常に高くなっている。
確かに人災が原因と思われる事故が大きく報道される事が多くなってきたような気がする。
鉄道業界は国鉄の民営化後、効率化を最優先で進める必要があった。企業として利益を出すことは当然の事であると思う。
しかし、利益と効率化を優先するあまり、大切な何かを犠牲にしているのではないだろうか。
どうか、鉄道員の仕事に対する情熱まで効率化されない事を望む。
そして、利用者の我々も到達時間の短縮や料金・サービスに対する過剰な要求をあまりしないことだろう。

狭い日本そんなに急いで何処に行く。

今の時代だからこそ、そんな言葉が大切なのではないだろうか・・・

なーんて、この写真と全く関係ない文章ですな。

読み流して下さいませ(笑
スポンサーサイト
この記事のコメント
>ぱれおさん
コメントありがとうございます。
バッテンは奥行きを表現するのに非常に助かりました。
難しい条件だったのでな尚更です。
2007/03/04(日) 21:26:11 | URL | あまなり #mQop/nM.[ 編集]
奥のバッテンがアクセントで効いていますね。
良い感じの夕方です。
2007/02/28(水) 08:03:00 | URL | ぱれお #x58Gs/eg[ 編集]
>ネロリさん
コメントありがとうございます。

この手のカットは列車とイルミネーションそして車掌のバランスが難しいんですよね。
この時は偶然すっきりとした構図で撮影する事が出来ました。

下手な鉄砲も数打てばかするらしいです
2007/02/23(金) 22:07:13 | URL | あまなり #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ。

一瞬拝見したとき(ドキッ!)動画のようでした。
ホーム屋根と江ノ電切り取りのバランス。。
そして鉄道員の表情が最高ですね。
脱帽です!!
2007/02/22(木) 19:19:14 | URL | ネロリ #IpoWw6bI[ 編集]
コメントお待ちしております
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。