鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME > Blog_Top > > 旧万世橋駅遺構特別公開(1)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
HOME > Blog_Top > > 旧万世橋駅遺構特別公開(1)
交通博物館へ行った細大の目的
私は鉄道も趣味ですが、レンガ造りの構造物も大好物な訳で・・・
旧万世橋駅遺構の公開は是が非でも行きたかった訳です。
ということで、明日から特別公開の写真をアップする訳ですが・・・
その前に万世橋駅建造当初の模型です。
実は今の交通博物館が当初からの建物だったと思い込んでいたのですが、戦前は震災前は(関東大震災で消失)こんな立派な駅舎だったそうです。
東京駅以上に魅力を感じるわけですが、現存していないのが非常に悔やまれます。


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
スポンサーサイト
この記事のコメント
フォトテラピー?
>ももんが様

ほう写真にそんな力があるとは・・・
私は、イルカが好きでイルカセラピーといのは聞いたことありましたけど。

私は、普段からファインダー越しの映像を想像したり、写真学校の教育がおかしかったせいなのか世の中をモノクロームの映像で見たりしてますが(ちょっと変な人かも知れませんが・・・)
心にも良い効果があるんなら大丈夫かな・・・

「せんべい」大丈夫です。
マイブームです。
今日会社で早速使っています(大汗

カメラの知識が無い人のコメントが一番嬉しいのですよ。
とくに鉄道写真なんてジャンルはそれこそ鉄道に興味のある人しか訪れてくれないので率直なコメント、ドシドシお願いします。
僕の目指す鉄道写真は、鉄に受けない鉄道写真!
これ究極の目標です。
2006/04/26(水) 22:25:45 | URL | あまなり #mQop/nM.[ 編集]
万世橋駅は・・・
>ぱれお様

交通博物館のHPによると、「初代の駅は、後に開業する中央停車場(現在の東京駅)と同じ、辰野金吾・葛西万司 両氏によるもので、中央停車場の習作ともいわれています。」
だそうです。
かっこよくて当然な訳です。
2006/04/26(水) 22:12:55 | URL | あまなり #mQop/nM.[ 編集]
おはようございます
昨夜は失礼いたしました。
娘のメールの最後にいつもこんなオチがついているのでちょっと真似てみました。

「フォトテラピー」
心の風邪の治療にかなり効力あるみたいです。
私の周りにもカメラをはじめたことが立ち上がるきっかけになったという同じ病気の方が結構います。
レンズの不思議な魅力が秘められていること間違いないですね。
私の場合、鉄道系フォトブログ開設は夢のまた夢☆☆☆ざっと10年以上かかりそうです。
カメラの経験もないのにいつも言いたい放題のコメント申し訳ないと思いつつ、これからも楽しみにしております。

♯爺やとお手伝いさんのいるお家、私も一生のうち一週間くらい経験したかったな?(笑
ウェッジウッド:お土産で頂いたもの。
分数バイオリン:一番小さいのだけは一応記念って感じかな?

2006/04/26(水) 11:00:00 | URL | ももんが #-[ 編集]
写真見て何の建物だろうと思ったら万世橋なんですね、びっくりしました。
 確かに今の線路のところの煉瓦造りから見てこういうのも想像つきますが、意外でした。
 内部の写真も期待していますよー
2006/04/26(水) 08:23:50 | URL | ぱれお #qOWB8fHs[ 編集]
う”
>ももんが様

Wedgwoodのお皿
バイオリン

家に爺やとかお手伝いさんが居そう(汗

なのに・・・
「すみませんべい」
   ・
「すみませんべい」
   ・
   ・
「すみま・・・せんべい・・・せんべい」

あぁ、煎餅食べたくなってきた(笑
2006/04/25(火) 22:18:17 | URL | あまなり #oG3GpJAw[ 編集]
レンガ造りの建物
我が家のサイドボードの中に一番小さな分数バイオリンと手の平サイズのWEDGWOODのお皿と(そして)70代の我が父親が昔買ったというレンガ造りの小さな模型が飾ってあります。

レンガ造り=舶来物(かなり古い表現)を連想してしまう私。
特別公開写真…ちょっとレトロな気分に浸って楽しめそうです。

PS:全くコメントになっていませんね。どうもすみませんべい(笑
2006/04/25(火) 20:45:50 | URL | ももんが #-[ 編集]
コメントお待ちしております
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。