FC2ブログ
鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME > Blog_Top > > 冬の只見でタイムスリップ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
HOME > Blog_Top > > 冬の只見でタイムスリップ
昨日のエントリーに続き、冬のSL&DL会津・只見号
折角ヘッドマークが付かない試運転に来ているので正面ドカンのカットを撮りたいと思っていた。
ただ正面ではなくて出来れば旧型客車が写って一番後ろのDLには消えてもらえるアングルと欲張ってみた。
編成を途中で切るのは邪道なんでしょうけどね。
これをモノクロ処理すれば現役と間違えて・・・
なんてことはありせんね(^^;


F5 80-200/2.8D RDP3 只見線 会津坂下-塔寺
当日は朝早くからこの場所に決めて撮影したのですが、遠く会津若松発車の汽笛もかすかに聞こえて・・・期待も膨らみ、目前の会津坂下を発車してから通過するまで延々と蒸機の鼓動を感じることができました。
僕が蒸機撮影に嵌ったのは、この高揚感を味わう為なのかもしれません。
スポンサーサイト
この記事のコメント
>ぱれおさん

そうですね。
まぁ欲を言えばコレが大型蒸機で編成も長ければ・・・
クリスマストレイン旧客Ver.とかだったらえぇんですけどね(汗
2006/02/22(水) 21:39:19 | URL | あまなり #mQop/nM.[ 編集]
現役
現役とまではいかないまでも、非電化、旧客、雪景色とこの上ない役者ですね。
 このようなシュチュエーションが本州で実現したのは近年では只見線だけではないでしょうか?
2006/02/21(火) 08:04:29 | URL | ぱれお #qOWB8fHs[ 編集]
こんにちは
紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!
2006/02/20(月) 21:41:53 | URL | モロゾフスキー #-[ 編集]
コメントお待ちしております
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。