鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME>Blog_Top>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
以前からやろうと思ってなかなか作業に至らなかった(ご迷惑をお掛けいたしました)リンクページの追加・修正を行いました。相互リンクのお申し出を頂いた方を中心にアクセスログの解析からリンクを張って頂いてるサイトへもリンクをしております。毎度の事になりますが、私の稚拙なサイトとは比べ物にならない高品位なWEBサイトです。
お時間が許せば是非ご覧いただければと思います。
懐かしの玩具でしょっ

続きを見る...
スポンサーサイト
夕陽が水平線に沈んだ頃
ライトアップに吸い寄せられるようにホームに人々が集まってきた。
列車を見送ってでも見ていたい情景だと思うのは僕だけではなかったようだ。
江ノ電 第2章

NikonD200 28-70/2.8 f22 6sec ISO100
撮影をしているうちにあっという間に空は明るさを失っていく。
あたりが暗くなるにつれイルミネーションに彩られた駅はその存在感を増していく。
江ノ電 第2章

NikonD200 80-200/2.8D f2.8 1/180 ISO400
イルミネーションで華やぐホーム。
車掌は、何時もと変わらずホームの安全確認を行う。
時代は変わっても鉄道の安全は人が守る。
鉄道員魂とでもいうのだろう。
江ノ電 第2章

NikonD200 80-200/2.8D f2.8 1/60 ISO400
12月から1月末の約2ヶ月間、江ノ電の主要駅は美しいイルミネーションに彩られる。
太陽が水平線に沈む頃、ここ鎌倉高校前駅もイルミネーションが点灯して昼間とはまた違った表情を見せる。
江ノ電 第2章

Nikon D200 28-70/2.8D f2.8 1/1000 ISO100

夕焼けと電球に照らし出された駅は寒さを忘れる程、暖かい光に包まれていた。
江ノ電 第2章

Nikon D200 17-35/2.8D f4.5 1/250 ISO100
駅のホームでお弁当をパクリ
僕も昔、昼食まで我慢できなくて親より1食くらい多く食べていた気がします・・・
江ノ電 第2章

RICOH GR-Digital 1/60 f2.4 ISO100
海沿いを走るあいだ中ずっと床の陰が気になってしまってついつい撮影した1枚
江ノ電 第2章

RICOH GR-Digital f3.5 1/200 ISO100 トリミング有
江ノ電 藤沢駅
ドーム屋根に丸窓
まるでヨーロッパの小都市の駅のように見えませんか?
江ノ電 第2章

Nikon D200 12-24/4 f4 1/60 ISO100
そして夕暮れ
朱から蒼の世界に包まれるこの時間は最高にドラマチックです。
江ノ電 第2章

Nikon D200 28-70/2.8D f2.8 1/180 ISO100
江ノ電の大きなガラスに映る江ノ島の夕焼け
直接見るより、赤みが増して見えるのは、ガラスの色のせいだろうか・・・
江ノ電 第2章

Nikon D200 17-35/2.8D f4.5 1/100 ISO100
鎌倉高校前駅から何度夕焼けを眺めたことだろう。
何回来ても、何回シャッターを切っても飽きることない景色
江ノ電のハイライトは例え定番と呼ばれてもやっぱりこの夕焼けではないだろうか。
江ノ電 第2章

Nikon D200 17-35/2.8D f4.5 1/1000 ISO100


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。