鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME>Blog_Top>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
見学時間には、私のような写真マニアの為の時間も設けられているとはいえ、その時間はごく短く他の見学者を画面に入れないようにするとなると結構難しく・・・さらには他の人がフラッシュを使う(当然の行為です)ので天邪鬼な僕好みの絵作りには殆ど時間などあるわけなく・・・
いい訳でしたm(__)m
もうちょっとアーチを入れたかったのですが、親子連れに遠慮してこのアングルが精一杯でした。


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
スポンサーサイト
狭い通路を抜けた先
煉瓦アーチの内部
「このアングルで撮りなさい」と言わんばかりのライティング
暗闇に映し出される赤煉瓦の美しい色合い。
一月待った価値がありました。



D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW

#ちなみにこの場所へは三脚の持ち込みは出来ません。
集合場所にて、ガイドから注意事項と内部見学について簡単な説明がありました。
「・・・これから見学するところは、あえて掃除もなにもしておりません。 埃っぽい所ですのでご気分の悪くなられた方は係員までお申し出下さい・・・」
こんな説明にワクテカする僕はどうなのかと・・・
で事務所の扉をいくつか抜けるとそこは・・・



D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館

タイムトリップです。
一気に時代をさかのぼります。
煉瓦の建物は表こそ焼失したそうですが、内部はまるでそのままの姿で残っていました。
木製の扉が残る狭い通路
身をかがめないと通れない狭くて薄暗い場所へと移動していきました。
交通博物館へ行った細大の目的
私は鉄道も趣味ですが、レンガ造りの構造物も大好物な訳で・・・
旧万世橋駅遺構の公開は是が非でも行きたかった訳です。
ということで、明日から特別公開の写真をアップする訳ですが・・・
その前に万世橋駅建造当初の模型です。
実は今の交通博物館が当初からの建物だったと思い込んでいたのですが、戦前は震災前は(関東大震災で消失)こんな立派な駅舎だったそうです。
東京駅以上に魅力を感じるわけですが、現存していないのが非常に悔やまれます。


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
大きな機関車ですが、じっくりと見ていると、小さな部品一つひとつにもこの機関車を現す「C57-135」という刻印が打ってあります。
これは、工場で点検を行う時にバラしてまた組みあげる時に必要なものなんですが、良く見ていると偶に「D51xxx」とか他の形式の刻印もあるのが面白いです。
これから行く予定のある人は、是非仲間はずれな部品を探してみて下さい(笑


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
カットモデルの横に展示されている「C57-135」
確か北海道で最後まで旅客列車を引いた機関車だったと記憶してるんですが・・・
(実は写真ばかり撮っていたので説明をあまり読んでこなかったんです)
子供の心にも「かっこいー」ってことで、僕の中では「C57=蒸気機関車=かっこい~」の図式は変わってなかったりします(汗
確か子供の頃は、これくらいの角度で見上げていたよな~って感じでしゃがみこんで撮影してみました。


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
※写真が傾いてるのはワザとです(あしからず)
僕が蒸気機関車に興味を持ったきっかけの実物のSLを説明用にカットした展示物
蒸気機関車の現役?時代は知らないけれど、水を沸かしてその蒸気で列車が動く・・・
蒸気機関そのものなのだけれど、機械好きな少年はこのカットモデルを前に父親をあれこれと質問攻めにしたことを覚えています。


D200 17-35/2.8D ISO800 AUTO RAW 交通博物館
この娘が大きくなった時、この建物はどうなっているのだろうか?
数十年後、セピア色に色あせた写真を見て、自分が生きた時代感じるとともに、父親の愛情や母親の優しさを思い出すのだろうか?
たかが写真されど写真。
日常見られる家族のスナップ写真。
これが、写真の本質であり、写真の魅力なのだろう・・・
なんて、今夜は柄にも無いことをこの写真を見ながら考えていました。


D200 17-35/2.8D ISO100 AUTO RAW 交通博物館
注)親子のプライバシー保護の為、一部画像を加工しています。
乗り物大好き、機械大好き少年だった僕
ここ交通博物館は僕にとって一日中居てもちっとも飽きることなどない空間だった。
そんな少年時代の思い出が、一杯詰まったこの場所もあと一月足らずで閉館となる。
少年時代の思い出を永遠とする為、最新の機材で記録をしてきました。
暫くの間、ここを訪れる皆様には興味の無い写真が続くことになるかもしれません。
このサイトは、フォトアーカイブとサブタイトルが付いているいるとおり、10年後の自分が見て自分を振り返る。そんなごく個人的な理由で存在しているのかもしれません・・・


D200 17-35/2.8D ISO100 AUTO RAW 交通博物館
日曜日の秋葉原界隈のメインストリートであるR17は歩行者天国となる。
久しぶりに日曜日に秋葉原を訪れたんですが、神田方面の端っこともなると人もまばらでちょっと不思議な感覚を覚えました。
いつも大渋滞の道に車がいない。
4車線の真ん中から夕暮れ迫る情景を思わずスナップ


D200 17-35/2.8D ISO100 AUTO RAW 中央線 神田-御茶ノ水
仕事やら何やらで短い桜のシーズンを逃してしまった(涙
先週末都心に出かける機会があったので新しい機材のテストも兼ねて、ピークを過ぎた桜と中央線の車両を絡めてみました。


D200 28-70/2.8D ISO100 AUTO RAW 中央線 飯田橋-市ヶ谷
鎌倉で食事後、ゆっくりと江ノ電沿線を散歩
久々に長い距離を歩いて、七里ヶ浜駐車場に着いた頃には、陽は傾き足はパンパン
でも相模湾に面した江ノ電はコレからが勝負タイム。
重たい足を引きずりながら鎌倉高校前へと向かいました。


D70 17-35/2.8D ISO200 AUTO 江ノ電 七里ヶ浜-稲村ヶ崎
車掌さんが持つ革鞄
最近の大手鉄道はかっこいいカバンを持っていますが、個人的にはちょっとレトロなこのタイプの鞄こそ鉄道員の道具という感じがします。
中身は何か・・・(仕事柄、知らない訳ぢゃありませんが・・・)
鞄一つとっても江ノ電は絵になります。
鞄だけぢゃなくて300形の運転台の機器は懐かしさでいっぱい。
ちょっと前の電車はみんなこんな感じだったんですけどね。
ワンハンドルは玩具みたいで何か味気ない・・・
なんて感じるオイラはすっかりオヤヂだな・・・


D70 17-35/2.8D ISO200 AUTO 江ノ電 鎌倉駅にて
ブログのカスタマイズにちょっと時間を掛けすぎました(汗
な割にはあまり反響も無いようなので(泣 
本筋に戻って粛々と下手な写真を公開をしていきます。

といってもこれまた、江ノ電
ローカル線と違って本数も多いので5時間程度の沿線散歩でもカットはかなり稼げます。

和田塚-由比ヶ浜間は住宅の間を真っ直ぐに線路は進んでいきます。
列車の最後部からそのシーンを狙ってみました。


D70 17-35/2.8D ISO200 AUTO 江ノ電 和田塚-由比ヶ浜
記事の更新も疎かなまま3月は終わってしまい、こりゃいかんなぁっと嘆いている管理人です・・・
えー本来の目的とは、若干違う形になりましたがフォトアルバム風なカスタマイズがなんとなく出来上がったのでとりあえず公開してみます。


画像をクリックすると見れます。
個人的には、結構良いものが出来たと自画自賛なんですが如何でしょう?
ちなみに自力で作った訳ではありません。

アルバム風テンプレート
Harukiya ArchivesさまのFview:アルバム風テンプレート
このテンプレートを見つけられなかったらなーんも出来なかった。
いや素晴らしいテンプレだと思います。

LightBox.js
ちょっと粋な写真表示方法
最近流行のJSです。
あちらこちらで使っているサイトも見かけるようになったので、僕も流行りに便乗してみました(汗

ちなみ、この二つをくっつけるのに若干手を加えています。
鉄路巡礼は画像のサムネイルを作っている訳でないのでブロードバンド環境な人ぢゃないとロードに時間が掛かります。
さらに、僕のへなちょこモバイルPCだとこれまた動作がモッサクなります。
とりあえず、窓XPのIEとFfで動作検証は行っています。
あー1024×768以上のモニター解像度ないとスクロールしまくりになります・・・
JS使いまくりですから、ご利用の環境によっては見れないかも(汗
なんでβ版つーことでヨロシクお願いします。

ごちゃごちゃ書きましたが、感想とか動作報告なんかも期待して良いですか・・・

さて、天気良いし桜は満開だし出かけるかな・・・
ブログのカスタムやってると廃人になりそうだ・・・(笑


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。