FC2ブログ
鉄道写真ブログ
四季を駆ける鉄道のPhotoArchives
HOME>Blog_Top>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | | トラックバック(-) | コメント(-) | | Edit
2005年4月25日、不幸にも発生してしまったJR西日本福知山線における列車事故
趣味人としてみれば更新作業に関係無いのですが・・・

同業他社の勤め人として、事故を重く受けとめております。
鉄道のシステムについては元エンジニアとして色々思うところもあります。
気持ちの整理がつくまで暫く更新を停止いたします。


#2005/4/26追記・修正
恐れていた事ですが、一部鉄道サイトやブログにおいて批判・憶測・推測が始まりました。鉄道業界への批判は真摯に受け止めてまいります。
同業に勤める者として、この話題を軽々しく扱う事は行いません。
業界全体で信用の回復をおこなう事は当然であると考えます。
言い訳とはなりますが、1分の遅れに対する異常とも思える苦情件数、現業職員の日々のプレッシャー、事故を起こしたくて業務に就いている人など居るわけないのです。
事情通と称して少ない知識と憶測で不安を煽る者。マスコミが報じる部分的な事実。これに乗じて憶測・推測・不安を煽ることは簡単なことでしょう。
もし、鉄道にご理解がありお好きであれば端的な事実と憶測を並べることだけは自粛して頂ければ幸いです。

#個人としての見解であり公に発言したものではありません。
スポンサーサイト
梅・桜と鮮やかに春を告げた後、大型連休の東北地方は、一斉に田植え作業が行われる。
国鉄型車両と昔ながらの手作業の田植えは素晴らしい情景だけれど、
国鉄末期の新型気動車とトラクターこれも立派な田植えの情景ですよねぇ・・・
言い訳っぽくてすいません。
spring-008.jpg

F5 17-35/2.8D RDP3 五泉-猿和田

#トラックバック可に変更しました。
#ご希望があれば過去記事もトラックバック出来るように修正します。
会津での撮影が終わり国道を関東方面に向けて走っていた。
ふと左側に桜並木のライトアップが目に入った。
我に返った時には辺りはすっかり暗くなり、帰宅が翌日となった。
spring-007.jpg

F5 80-200/2.8D RDP3 会津鉄道 湯野上温泉駅
桜の開花状況をNETで調べていたらどうやら週末は咲花も満開を迎えるようだ。今週末は、飯山線にも魅力的な列車が走るし、咲花も今度こそきちんと撮影したい。
嬉しい悲鳴というべきか・・・
sl-005.jpg

F5 80-200/2.8D RDP3 磐越西線 咲花駅 ばんえつ物語
ローカル線の情景が好きで普段は山へ海へと撮影旅行に出かけるけれど
こんな工場地帯の貨物専用線もふと撮影したくなります。
列車が入線していないガランとした構内は寂しかったけれど・・・
独特な光景は表現できたかな?
night-004.jpg

D70 17-35/2.8D 神奈川県横浜市鶴見区あたり
太平洋の日の出と列車を絡ませたくて早朝から車を走らせミカン山へ登った。日の出から15分程たった頃であろうか、海が金色に染まり始めた時、東京へ向かう始発列車が通過していく。
あまりにも美しい光景に息を呑んだ。
sunrize-001.jpg

D70 300/2.8+×1.4 早川―根府川
菜の花で有名な信濃平駅
カメラマンは皆、菜の花畑で思い思いにアングルを決めて撮影を楽しんでいた。
天邪鬼な僕は菜の花畑とは反対側に廻った。
昔、構内であったであろう場所で遊ぶ小さな兄弟。
その兄弟の足元に広がるタンポポ。
小さな春見つけた。
spring-006.jpg

F5 80-200/2.8D RVP100 信濃平
落陽に光る線路が撮りたくて駅の跨線橋から望遠レンズで列車の入線を狙った。
本当は出発の列車を狙いたかったのだが、ローカル線では狙った時間に列車がなくてもどかしくなる。
sunset-003.jpg

F5 300/2.8+×1.4 RVP100 山都駅(許可を得て撮影)
私の街で一番落ち着く喫茶
珈琲を飲みながらふと窓の外を眺めると毎日通勤で使う見慣れた電車が一定の間隔で通過していく。
たった一枚の窓を通すだけで日常が別の世界に見えてくる。
こちら側は何時から時間が止まっているのだろう。
「時の扉」ふとそんな言葉が頭の中に思い浮かんだ。
etc_002.jpg

D70 17-35/2.8D 青梅線 東青梅―青梅
会津からばんえつ物語を追って新潟平野まできたものの空は厚い雲に覆われ撮影を諦めかけていた。
もう5分で列車は通過するという時、地平線と雲のわずかな隙間から太陽が顔覗かせた。
思わず太陽の方を振り向くと後ろから汽笛が聞え列車が通過していく。
夕日に照らされた列車は美しく地平線に列車が吸い込まれ見えなくなるまで見つめていた。
sl-004.jpg

D70 17-35/2.8D ばんえつ物語 馬下―猿和田
大井川鉄道には大手私鉄の第一線を退いた名車と言われる車両が走っているのも魅力のひとつ。
写真の車両は元近鉄の16000系(昭和40年製造)と言う車両で大阪阿部野橋―吉野を結ぶ特急だったそうです。
自信が無いのは、詳しくないのでNETで調べてみました(汗
spring_005.jpg

D70 17-35/2.8D 五和―神尾
会津宮下近くで車中泊をしようと準備していた。
ふと空を見上げると満月があまりに綺麗で寝るのが少しもったいないきがして、駅近くの第三橋梁で最終列車の光跡を見守った。
1時間近くシャッターを開けていたので出来上がりは昼間撮影したかのような不思議な写真となった。
night-003.jpg

F5 28-70/2.8D RDP3 会津宮下―早戸
黄色い絨毯の上を滑るように臨時列車が駆け抜けていく。
近年あまり臨時列車の入線しない飯山線で貴重なシーンに出会う事ができた。
spring-004.jpg

F5 28-70/2.8D RVP100 北飯山ー信濃平
タイトル:ピンチ商会
作者:タケシ
素晴らしいカメラアイを持っているタケシさんのブログ
日本のみならず、海外にもその撮影対象は広がっています。
http://blog.livedoor.jp/pinch/

タイトル:さすらいびとの子守唄
作者:酒呑童子
一方的に言ってますが僕の師匠です。
その作風には人を惹きつけて離さないものがあります。
優しさ溢れる作品は最高です。
http://wind.ap.teacup.com/shutendouji/

タイトル:カンテラ
作者:風来坊
写真技術・機材への造詣も深くその作品にも表れています。
http://kandelaar.huuraibou.com/

タイトル:チーム只見オフィシャルサイト
作者:チーム只見
酒呑童子氏・風来坊氏も参加する只見線を紹介するサイト
美しい鉄道写真のみならず、沿線の温泉や食事処も案内するポータルサイトです。
http://team-tadami.jp/
線路際を歩いているとはるか先に続く線路がぼんやりと見えた。
手持ちで一番長いレンズをカメラにセットして列車を待つ。
春色の景色の中をゆっくりと往く汽車。
独特の汽笛を広い谷に響かせていた。
sl-003.jpg


D70 300/2.8 五和―神尾 101レ
春の柔らかい日差しと優しい香りのする風
鳥のさえずりをBGMに、こんな駅でお昼寝でもしようか・・・
station-002.jpg


D70 80-200/2.8D 大井川鉄道 神尾駅
関東は連日の暖かさで一気に桜の花が開いている。
今週末は天気もまずまずのようだ。
今年もいよいよ桜前線を追いかけて北上する旅が始まる。
今年はどのような光景に出会えるのだろうか?
spring-003.jpg

F5 28-70/2.8D RDP3 会津川口-本名
東海道本線といえば、オレンジとグリーンのいわゆる湘南色
昔からの伝統なのか普通列車にも2両のグリーン車を繋げている
時代は変わり車両の構造・デザインが変わってもこの決まりは受け継いでいって欲しいと願っている。
etc_001_a.jpg


etc_001_b.jpg


etc_001_c.jpg


D70 80-200/2.8D 早川―根府川
クリスマスイルミネーションに彩られた街。
普段あまり目立つことのないモノレールも、この時期は夜の主役になる。
night-002.jpg


D70 17-35/2.8D
日没間近の太陽に照らされた列車を撮りたくて何度も足運んだ撮影地。イメージどおりに撮影できて思わずガッツポーズしたことを今も鮮明に覚えている。
sunset-002.jpg

F5 17-35/2.8D RVP100 猪苗代-川桁
明治村を走る明治生まれの蒸気機関車
線路に差し込む木漏れ日が綺麗で、短い区間を往復する列車を何度も見ていた夏の日の午後。
sl-002.jpg


D70 28-70/2.8D
飯山線が一番輝く季節には、菜の花を車体に描いた臨時列車が走る。

spring-002.jpg


F5 17-35/2.8D RVP100 信濃平―北飯山
開設初日から沢山のご訪問およびコメントを頂きありがとうございます。
やはり持つべきものは友なのでしょう。
色々なシガラミとかで写真を出し惜しみする事が多かったのですが、無意味なシガラミなど気にせず気ままに写真を公開していくことに致します。
友人達の後押しがあった事は間違いなく、こんな下手な素人写真を見たいと言ってくれた友人達への恩返しです。
ですから妥協した写真を出すことはしません。
本気と言ったら気負い過ぎなのかもしれませんが、ある意味本気です。
WEBブラウザ上ですから閲覧環境でかなり違った印象の写真になるとか過去から色々議論されてきたことですがそーんなことも踏まえて公開の運びとなりました。
さて、リンクページは随時追加していきますが、やはりキチンと責任をもって紹介していこうと思っています。

#リンクの件で皆様から色々コメントでご意見を頂きました。
相互リンクのお願いはこちらからは恐れ多くて出来ません。
後発のサイト管理者としてわきまえているつもりです。
ここは鉄道写真のみを扱うという明確な意図を持って開設させて頂きました。
何を偉そうなことをというご意見もあると思いますが百歩譲って頂ければ幸いです。
数名の方から早速リンクをして頂けるというお申し出本当に嬉しく思っております。リンクの申し出があった全てのサイトへリンクするのが筋であると思っております。
まずそのような意図と私の考えをご理解頂ければ幸いです。
こちらからのリンクについては、原則テキスト中心のサイトへリンクは行わないつもりでいます。
[untitle...]からリンクさせて頂ければと思っています。
もう少しリンクについては、考えさせて頂ければと思います。
リンクもシガラミを超えて本気で写真を中心に考えているサイトへリンクしていきたいと思っています。
各サイトそれぞれ趣旨と意図を持って運営されていると思っています。
皆様の意図と違うと思われればリンクから外されても仕方ないことだと思っています。
本当に偉そうなこと言って申し訳ありません。
詳細については、メールにてご連絡下さい。
#eza01152@nifty.com
注)#は外して下さい。
難しい事は苦手なので巧く伝わるか自信ありません。
ここで論じること自体間違っているのかもしれませんね。
さて、アップする写真でも選びますか(笑
サイト訪問ありがとうございます。

開設はサイトの雰囲気と自己紹介を兼ねてカテゴリーにつき1枚の写真を公開してみました。
今後少しずつ手持ちの写真を公開していきたいと思っています。
管理人の小さな願いとしては、写真に感じるものがあればコメントを残して頂ければ幸いです。
また、リンクして頂けるようであればご連絡して頂ければと思います。

鐵路巡礼 管理者 t-9@初心者

以下お約束(笑
***********************************************************
1.著作権等
とりあえず、写真・文章その他全てのコンテンツ・デジタルデータの著作は放棄しません。
2次利用希望の場合管理人まで必ずご連絡下さい。
2.リンク等
リンクはフリーですが、必ずトップページへお願いします。
ブログを利用していますが、トラックバックは受け付けていませんのでご注意下さい。
また、サイトの趣旨により相互リンクをお断りすることもございます。
3.情報の取得等
アクセスログを取得しています。
取得した情報は当サイトの管理目的以外には利用することはありません。
night-001.jpg


F5 300/2.8 RVP100F 森宮野原駅
sunset-001.jpg


F5 300/2.8+×1.4 上長瀞-親鼻
station-001.jpg


D70 80-200/2.8D 青海川駅
sl-001.jpg


F517-35/2.8D RDP3 磐梯会津路号 猪苗代-川桁
winter-001.jpg


F5 28-70/2.8D RDP3 会津桧原-会津西方
autumn-001.jpg


F5 80-200/2.8D RVP100 会津宮下-早戸


Powered By FC2 allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。